タカシカワタのBLOG

神戸学院大学50周年記念モニュメント

 

神戸ポートアイランドに立地するキャンパスに、モニュメントを制作、設営しました。

 

 

東西南北への長い通路が交わる中央に鎮座する様子は、

キャンパスにごくごく自然に溶け込んでいる気がしてなりません。

 

 

手間に小さくあるのがエスキース。模型ですね。

この模型の形が全てで、昨年暮れに大学側の了承を得られたのです。

そこにたどり着くまで、約一年。神戸現地でのプロデューサーの尽力は勿論あってのことだけど、

仕事の間を縫ってイメージするデザインを描き続けました。

 

 

これの意図するところは、大小の波があって、その波たちが寄り添い、繋がりあい、おおきなうねりを起こす。

学生を波に例えて手を取り合う姿を思い描いていました。

 

 

 

作ることの面白さを、ますます知ってしまいました。

 

感謝!

 

2017年

神戸学院大学50周年記念モニュメント

ポートアイランドに立地する素晴らしいロケーション。

うねる波を繋ぐ波のシルエットは、碇のようにも見える。
社会へ旅立つ出航をイメージさせる、そんな意味合いがあったりします。

波のシルエットが、見る位置によっての隠れ絵的に、校章のカモメを模しています。

 

ロートアイアンひな壇手摺

関連記事

  1. お寺の彫刻・モニュメントと鍛鉄喚鐘吊金具

    2017.07.28
PAGE TOP