タカシカワタのBLOG

栃木県のモダンなロートアイアン門扉


重かったけれど、時間もかかったけれど、
ようやくできあがりました。

取付時はこんなふうに一枚づつ吊りまして。

日本家屋、そして大きく構える大谷石の門壁に合うように、
大正ロマンなイメージを頭の隅に置きながら練ったデザインです。

どうですか。
とてもマッチしているではありませんか。
お施主に喜んでいただけたこと、
とびきり嬉しかったです。

やった!

通用門はシンプルな構造の閂(かんぬき)を採用しました。
これならどなたでも分かりやすく開けられるかと思います。

扉一枚の幅は1230、高さは1550です。
一枚70kgもあるのに、開閉はとても軽やか。
小指ですーっと押せます。
そこがロートアイアン門扉の醍醐味でもあるんですけどね。

住まわれるご家族にとって、憩いを運べているといいなあ。
そんなふうに願いながら、落ち着いて作業ができましたこと、
今回も感謝です。

どうもありがとうございました。

FACTORY900OSAKABASEさん

関連記事

  1. ロートアイアン門扉制作中

    2019.02.07
  2. 扉をくぐる時の高揚感 ロートアイアン門扉

    2017.07.20
  3. 大きな間口のロートアイアン門扉

    2018.10.02
  4. スクエアデザインの門扉 できた

    2019.02.11
  5. あれこれそれ

    2019.02.21
  6. 大阪は東大阪市のクジラの門扉

    2018.04.23
PAGE TOP