タカシカワタのBLOG

鍛鉄、ロートアイアンのハサミ看板

20083/18

過去の作品から。
2008年3月18日、これは僕が手掛けた初めてのハサミの袖看板でした。


鋏看板。
これより都内のお客さんのところへれっつらごー。

大きさは横幅470なり。

お宅の鋳物でぇ、~~(なになに)あるでしょ?
とは、たまにあるご質問。

恐らく先方さんの中で思っているものは鍛鉄。
間違っていない。

でも厳密には違う鍛鉄と鋳物。

鉄の造形は一緒くたに「イモノ」っていうイメージがあるみたいです。
でも、鋳物は型に、溶かした金属を流して成型するものだから、
やっぱり大きく違うんです。

加工しやすいように火を使うものの、溶かすわけではなくて。
火に入れて柔らかくなった鉄を叩き形成する。
だから「鍛鉄」。

英語で言うwroughtiron(ロートアイアン)。
work(仕事)をされたiron(鉄)。
だから「鍛鉄」。

栃木県のロートアイアン門灯、玄関灯

ゲコゲ、

関連記事

  1. 神奈川県川崎市のハサミ看板

    2018.01.25
  2. 相模原市のバレエお教室看板

    2019.08.31
  3. 札幌市のロートアイアンハサミの看板

    2020.01.26
  4. ローテンブルク風のロートアイアン看板完成

    2018.09.08
  5. 積み重ねていくことの

    2020.05.23
  6. レストラン看板もうちょっと

    2018.08.27
PAGE TOP